シクロヘキセニルアルキルまたはアルケニルケトンの異性化法

Abstract

本発明は、触媒としてルテニウムの有機金属前駆物質と酸との反応により得られるルテニウム錯体を使用して、2−アルキル−シクロヘキセ−3−エニルアルキルまたはアルケニルケトンを、相応する2−アルキル−シクロヘキセ−2−エニルケトンと相応する2−アルキレン−シクロヘキシルケトンとを含有する混合物へと炭素−炭素二重結合を異性化する方法に関する。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (3)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2000515426-ANovember 21, 2000フイルメニツヒ ソシエテ アノニムルテニウム触媒及び弱配位基質の不斉水素添加におけるその使用
      JP-2001348355-ADecember 18, 2001Takasago Internatl Corp, 高砂香料工業株式会社Method for producing cyclohexenyl methyl ketone
      JP-2003160529-AJune 03, 2003Takasago Internatl Corp, 高砂香料工業株式会社2,2,6−トリメチルシクロヘキセニルメチルケトンの二重結合異性体組成物およびその製造法

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2016505632-AFebruary 25, 2016フイルメニツヒ ソシエテ アノニムFirmenich Sa, フイルメニツヒ ソシエテ アノニムFirmenich Sa4−メチルペント−3−エン−1−オール誘導体の製造方法